おーぷん2ちゃんねる速報

主にニュース、気になる話題をピックアップして更新しているブログです。

    カテゴリ: 軍事

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/06/13(月) 19:28:37.52 ID:
     
    いったいなぜ、日本には戦車が必要なのか?

     昭和43(1968)年10 月、私は富士駐屯地の戦車教導隊に配属されました。
    23 歳の見習幹部でした。これが私と戦車との付き合いのはじまりです。
    私は同年3 月に防衛大学校を卒業、福岡県久留米市の陸上自衛隊幹部候補生学校で半年間の教育を受け、
    卒業直前に「機甲科」職種に指定され、母隊となった戦車教導隊に赴任しました。

     以来、富士学校機甲科部で戦車小隊長、戦車中隊長の教育を受け、部隊・陸幕などの勤務を経て、第2 戦車大隊長(第2 師団)、
    第71 戦車連隊長(第7 師団)の指揮官職に就きました。この間タッチした戦車は、米軍供与のM4A3E8戦車、国産の61式、74式、90式戦車でした。
    10式戦車を除く陸上自衛隊のほとんどの戦車と行動を共にしたことになります。

     最近では、軍事史研究に専念し、講演活動なども行っているのですが、次のような質問をよく受けます。

    ■ 外国の軍隊から侵攻される可能性

     ――日本の国土が外国の軍隊から直接侵攻される可能性はありますか? 

     いや、見通せる将来では、本土への直接侵攻はないと思います。ただし、現下の情勢では離島への侵攻は否定できません。

     ――ということは、離島を除く日本の本土で、外国の軍隊と地上戦を交えることはない、ということですね。

     はい、そのとおりです。わが国の本土での地上戦の可能性はきわめて低い、と私は思います。

     ――では、本土で地上戦がないにもかかわらず、陸上自衛隊が最新鋭の戦車、たとえば90式戦車、10式戦車、
    あるいは機動戦闘車を装備するのは、いったいどういう理由なのですか? 

     以下はこの質問に対する私の回答です。

     第1は、陸上戦力の本質は土地と人間を支配することです。精強で健全な陸上戦力が存在することにより、
    日本の国土、国民、財産、資源などを保全することができるのです。太平洋戦争敗戦後に日本全土が連合国軍に占領されました。
    日本は、連合国軍の陸上戦力の支配下に置かれて、独立を完全に失いました。

    以下ソース
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160613-00120754-toyo-soci
     
    3:2016/06/13(月) 19:29:33.31 ID:
    >>1
    なんでも
    【何で日本に戦車が必要なの(・ω・)?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/06/11(土) 11:39:50.11 ID:
     
    今年3月に発生した韓国空軍のF16D戦闘機墜落事故は、飛行中にエンジン部品が脱落し、エンジン故障を起こしたことが原因と判明した。
    韓国空軍は、墜落した戦闘機のエンジンを製造したメーカー(米国プラット・アンド・ホイットニー社)に損害賠償を請求する方針だという。

     韓国空軍は10日、「3月末に発生したF16D戦闘機墜落事故の原因は、航空機エンジン内で推進力を作り出す『ブレード』の保護装置(カバープレート)が外れ落ち、連鎖的にエンジンのタービンを壊したためと分かった」と発表した。
    およそ30個ある「カバープレート」のうち一つが、飛行中に脱落したという。F16D戦闘機は今年3月30日、韓国東部沿岸上空で飛行訓練を行っていたところ、エンジンが止まり、慶尚北道青松の野山に墜落した。

    韓国空軍F16D墜落事故、原因は「エンジン部品の欠陥」
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/11/2016061100452.html
    77:2016/06/11(土) 12:01:33.70 ID:
    >>1
    なら5月27日の羽田空港で韓国機が炎上した責任は韓国にあると理解してるわけだな?(´・ω・`)
    【韓国空軍F16の墜落事故「責任は米国メーカーにある。損害賠償を求める」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/06/11(土) 13:32:38.97 ID:
     
    尖閣に中国艦 日中の信頼醸成を急げ


    中国海軍のフリゲート艦1隻が9日未明に沖縄県の尖閣諸島の接続水域に入り、日本政府が
    中国に抗議した。この水域で中国軍艦の航行を確認したのは初めてだ。それに先立ち、ロシア
    海軍の駆逐艦など3隻も同じ水域に入っていた。

     接続水域は領海の外側に設けられ、沿岸国に一定の管理が認められているが、主権は
    及ばない。国際法上、他国にも航行の自由が確保されている。

     自衛隊の河野克俊統合幕僚長は記者会見で「エスカレートは避けたいが、万が一、
    領海に入った場合はそれ相応の対応をする」と述べた。

    事実関係がわからないまま不信が募れば、さらなる緊張を招きかねない。日中間に最低限の
    信頼を築くことが急務だ。

    肝要なのは、危機をあおるのではなく、目の前の危機をどう管理するかだ。海上保安庁や
    自衛隊が警戒を強めることは必要だが、それだけで不測の事態を回避することは難しい。

     政治、外交、軍事、経済、文化など幅広い分野で、重層的な対話の回路を広げていく必要がある。
    留学生など市民レベルの交流も、もっと増やしたい。

     対話のなかで、お互いの意図を理解し、誤解による危機の拡大を防ぐ。求められるのは、日中
    双方による地道な信頼醸成の取り組みである。

    http://www.asahi.com/paper/editorial.html?iref=com_gnavi
    15:2016/06/11(土) 13:36:58.52 ID:
    >>1
    それで朝日新聞は中国共産党の行動の意図は何だと分析しているの?
    誤解とは誰が何を誤って解釈しているの?原因は?

    危機を話題逸らして誤魔化すのが目的では無いなら披露できるよね?
    【【なんだこれw】 朝日新聞「中国軍の尖閣侵入は、留学生を増やし文化交流を促進すれば防ぐ事ができる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/06/02(木) 12:43:32.50 ID:
     
    韓国製K-9自走砲、フィンランド輸出迫る

    韓国が開発したK-9自走砲40両余りがフィンランドに輸出されると発表された。

    韓国日報によれば韓国とフィンランドは、韓国がK-9自走砲をフィンランドに輸出する内容を含めた軍事協力案のMOUを1日締結したと分かった。

    K-9自走砲は北朝鮮の長射程砲に対応するため韓国が独自開発したもので、1999年から量産開始した。

    最大40キロの長距離砲撃が可能で2010年の北朝鮮の延坪島(ヨンピョンド)砲撃挑発時にも対応砲撃を加えた武器だ。トルコとポーランドに輸出されたことがある。

    韓国日報は2014年にロシアがウクライナを侵攻するなどの攻撃性を見せるとフィンランドとしてはロシアを牽制するために地上武器の輸入が必要だったと分析した。

    引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160602-00000021-cnippou-kr
    21:2016/06/02(木) 12:53:17.63 ID:
    >>1
    これって北に撃たれたとき不具合で反撃できなくて、
    やっと撃ち返した時には北は撤収済みだったやつじゃんwww
    フィンランド大丈夫かよ。
    【韓 国 の K 9 自 走 榴 弾 砲 が フ ィ ン ラ ン ド に 輸 出 さ れ ま す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:2016/05/26(木) 22:09:49.67 ID:
     
    現代戦闘機、宿敵は「フリーズ」? 4時間に1回、シャットダウン


    F-35A実用化、遅延の最大理由は「ソフトウェア」
     航空自衛隊が次期主力戦闘機として導入予定のロッキード・マーチンF-35A「ライトニングII」が、2016年
    8月から12月のあいだにアメリカ空軍で「初期作戦能力(IOC)」を獲得すること、すなわち実用化されることが
    ほぼ確実になりました。

     F-35Aの初号機は、2009(平成21)年11月14日に初飛行。当初、初期作戦能力の獲得は2013年ごろが
    見込まれていましたが、これまでたび重なるスケジュールの遅延に見舞われており、実に3年遅れの実用化
    になります。

     実用化の見通しが立ったのは、F-35に搭載されるコンピューターのOS上で動く「ブロック3i」ソフトウェアの
    開発が完了したことに由来します。

    「ブロック3i」とは、パソコンやスマートフォンでいう「ブラウザ」や「ゲーム」といったアプリケーションに該当
    するもので、F-35Aの「ミッション(戦闘)システム」ソフトウェアです。F-35の開発が遅延した最大の理由は、
    このミッションシステムが原因でした。

    ikaso
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160521-00010001-norimono-bus_all
    37:2016/05/26(木) 22:36:12.25 ID:
    >>1
    Windows 10 搭載か。。
    【F-35パイロット「よし、敵をロックしたfire!」 → プログラム更新中、少しお待ち下さい → 被弾死亡】の続きを読む

    このページのトップヘ